Takayuki DAIKOKU 彫刻のない美術館

【ドイツ・秋の森で】ショートムービー:renmen アンサンブル 2015年秋

作品ショートムービー

YouTubeチャンネル「彫刻のないアトリエ」(⇦リンクしています)で他の作品も配信中です。ご覧いただければ嬉しく思います!

彫刻家の大黒貴之です。

最近、動画編集(ショートムービー)を作成しています。

ドローイングやタブローなどは
同じ二次元媒体である写真と相性がいいのですが、
彫刻のような三次元のものだと
動画との相性がとてもいいのではないかと思います。

2015年ドイツのヴァーゲニッツ村で開催された
野外彫刻展のメイキングや自然公園の森の中に
展示をした彫刻の動画を当時撮影していましたので、
それらを編集してYouTube上にアップしています。

2020年頃からインターネット回線が
5Gにバージョンアップしていくそうです。
今、私たちが使用している回線の4Gに比べると
回線スピードが格段に速くなるそうです。

そうなると外出中のスマホの動画視聴回数も
大きく伸びるでしょう。
またスマホなどの端末機器と
家電や自動車などがつながる
IoT(インターネット・オブ・シングス)
が急速に普及していくるのではないかと考えます。

先のような彫刻との相性やそのような予測もあり、
動画での配信も進めていくことにしました。

主に作品のアーカイブや自身が見てきた風景などを
映像やインターネットという現在の技術を通して
より多くの方々にお伝えしていくことができればと考えています。

今回、ご紹介する動画は
2015年にドイツ、ヴァーゲニッツ村で開催された
野外彫刻展「ランドアート・シュロスパーク・ヴァーゲニッツ」に
出品しました「renmen Ensemble (outdoor)」という
大型彫刻作品のムービーです。

同作品の2015年秋の光景です。

樹々の上から舞い落ちる紅葉の光景と
音がとても美しいです。

「原生林を感じさせる自然公園の風景が
刻々と移り変わっていく姿は
見事としか言いようがありません。

秋、満開に成ったドイツオークやブナなどの
広葉樹の葉が”カサッカサッカサッ・・・”と、
見渡す限りの周囲一面で舞い落ちる
音・音・音・・・

その音は永遠に続いてほしいと願う
何とも言えない見事なサウンドでした。

絶妙にセッティングされた舞台の中にいるような、
そして何時間でもその音を聴き、
森の風景を感じていたい時間。

その時間と空間は今でも鮮明に体で憶えています。

否、忘れたくないのです」

renmen Ensemble (outdoor)
ヴァーゲニッツ自然景観公園での展示風景をどうぞご覧ください。

2分13秒
2019年
Film:Takayuki DAIKOKU

大黒貴之 彫刻のないアトリエという
専用チャンネルを設けましたので、
そちらの登録をしていただければ
とても嬉しく思います。
また是非過去のムービーもご覧ください。
大黒貴之 彫刻のないアトリエ

ドローイング:Inverted drawing