カテゴリー: ドローイング

彫刻とはどういうものか?ボイスの社会彫刻論、フォールド・ドローイングからの思考。「現実」と「行為」

彫刻とはどういうものかと尋ねられれば、「現実」と「行為」だと答えるだろう。 絵画は平面性の中にイリュージョン(幻想)を形成させるのに対して、彫刻は三次元のものが目前に厳然として「在る」ことが挙げられる。現在では彫刻の名の通り「彫る」「刻む」という概念はすでに突破されており、あらゆる表現技法や素材が使われている。 ドイツ [...]
Continue Reading

時計を使用したコミッションワーク「A clock with prime number」を制作しました

彫刻家の大黒貴之です。 とある方から、時計を使用したアート作品を つくっていただきたいとの依頼がありました。 そこで私のフォールド・ドローイングと 時計を組み合わせた新作を制作しました。 私は作品を制作するとき、両義の間に発生する 揺らぎのようなものを意識しています。 自然と人間社会、二次元と三次元、静と動などの間にあ [...]
Continue Reading

【大黒貴之作品紹介】フォールド・ドローイング・シリーズ①

彫刻家の大黒貴之です。 作品画像を作品に関するテキストを 交えながら紹介していきます。 参照元のInstagramでもご覧いただければ幸いです。 ・・・・・ 「2018年にベルリンで発表した フォールド・ドローイングを観たドイツ人の歴史学者は、 ”Palimpsest/パリンプセスト”(先に書かれた文字等を消し、 別の [...]
Continue Reading
彫刻家,現代アート,ドローイング,大黒貴之

【メイキング】Inverted Drawing/反転するドローイング

彫刻家の大黒貴之です。 Inverted Drawing(反転するドローイング)のメイキング映像です。 このドローイングは、地と線の白と黒が反転しています。 白は紙の地の色、また黒は鉛筆の黒色です。 線と地の二項の間で揺れ動く様を具現化したドローイングです。 このシリーズは、2014年にドイツで制作を始めました。 日本 [...]
Continue Reading
folded drawings takayuki daikoku

【フォールド・ドローイング】日本語訳のテキストが出来ました

彫刻家の大黒貴之です。 2018年6月にベルリンのセミヨン・コンテンポラリーで 開催した個展「Folded Drawings / フォールド・ドローイング」の テキスト日本語訳ができましたのでアップします。 当ギャラリーのオーナー、H.N.セミヨン氏によるテキストです。 少し長文になりますが、フォールド・ドローイングの [...]
Continue Reading

Inverted Drawing と Doppel CERES (Hängen)

彫刻家の大黒貴之です。 自身の作品紹介を行っていきます。 今回は、ドローイングと彫刻になります。 少しだけコメントを補足します。 記事下に過去の作品を紹介しているページリンクも 貼っていますので、そちらも合わせて ご覧いただけますと嬉しく思います。 ドローイング この夏、東京のMARUEIDO JAPANで 発表した「 [...]
Continue Reading