カテゴリー: 現代アート

彫刻とはどういうものか?ボイスの社会彫刻論、フォールド・ドローイングからの思考。「現実」と「行為」

彫刻とはどういうものかと尋ねられれば、「現実」と「行為」だと答えるだろう。 絵画は平面性の中にイリュージョン(幻想)を形成させるのに対して、彫刻は三次元のものが目前に厳然として「在る」ことが挙げられる。現在では彫刻の名の通り「彫る」「刻む」という概念はすでに突破されており、あらゆる表現技法や素材が使われている。 ドイツ [...]
Continue Reading

【世間のイメージ】事実を知らない人は想像だけに頼ってしまう

彫刻家の大黒貴之です。 世の中の何事でもそうですが、 興味を持たれるものと持たれないものがあります。 アート作品はまさしくそのど真ん中で、 興味のない人は隣に住んでいても作品を観に来たりすることはありません。 一方で、その作家の作品を観たい人やどうしても手に入れたい人は 地球の裏側からでもやってくると言われます。 日本 [...]
Continue Reading