TAKAYUKI DAIKOKU 人生はアートという名の想像力

【時間・存在】ミステリアスに包まれた作家、河原温

彫刻家の大黒貴之(@Gross_Schwarz)です。

河原温(かわら おん 1932-2014)という
日本人作家がいました。

国際的に高い評価を受けている
現代アートの作家です。


Photo credit: nobihaya via Visual hunt / CC BY

存在するとはどういうことなのか?リアルとヴァーチャルの間で

河原さんは1959年に日本を離れ、
欧米などに滞在し、65年頃から
ニューヨークを拠点にして活動を始めました。

彼の活動の特徴は
「自身の姿は表に出さない」という
姿勢が徹底されていたことです。

日付だけをペインティングした作品、
起床時間のみを書いた絵ハガキを
旅先から友人に送る作品、
或いは、電報や手紙で
「I am still alive」と記載して送付した作品など。

作品は世界各地のギャラリーや
美術館などで展示されてますが
作家自身の存在は、
ほとんど誰も確認できなかったそうです。

時間や存在という深いテーマを扱い、
最後までミステリーに包まれた作家、
河原温さん。

今日では、インターネットが
自明的に使わるようになり
手紙や電報などの使用頻度は
めっきり少なくなりました。

インターネット上にはたくさんのSNSが登場し、
リアル社会では出会うことがなかった人たちの存在を
知ることができるようになりました。

しかし、彼女/彼の存在は、実際にお会いして
顔を見て、声を聞き、話をすることで、
初めて確認できるのだと思います。

ぼくの存在も本当にあるのかどうか、
パソコンやスマホなどのインターフェース上だけでは
確実には確認できないわけであります。

一方で、友人知人は、
ぼくがSNSを更新することで、
「大黒はまだ活動しているのだな」と
思うもまた確かなことです。

ヴァーチャルや人工知能などのテクノロジーが
普及すればするほど、リアル世界での生の交流が
より大切になってくるのだろうと思います。

現代の文明の利器をうまく取り入れながら
この時代を楽しみたいなとぼくは思っています。

最近、朝起きて目が開き、
「今日も生きている」と、
思うことが増えたように感じています。

Alles Gute! (アレス・グーテ!)

ドローイング
メイキング “Cosmos”
renmen アンサンブル
ドイツでの展示風景
ドイツ時代のアトリエ
彫刻の一覧ページへ
TAG index
ドローイングの一覧ページへ
TAG index
Instagram
フォロー頂ければ嬉しいです!