TAKAYUKI DAIKOKU 人生はアートという名の想像力

【抽象と具象】アーティストはどちらの能力が必要なのか

彫刻家の大黒貴之です。

「あなたの話は抽象的はわかりにくいよ」
「あなたと話していると何言っているのはさっぱりわかんない!」
などと言われたことありませんか?

抽象はわかりにくいという言葉を聞いてから
もう久しいものとなりました。

何かを商品化することやメッセージを伝える時に
「わかりやすい」ことはそれだけ多くの人に
届きやすいということです。
確かに、伝達手段としての「わかりやすさ」は大切なことです。

細谷功氏 著書「具体と抽象」によると
「わかりやすさ」が求められるのは、
社会や組織が「成熟期」に入ってからが顕著だといいます。

一方で、衰退期を迎えて、
世代交代の際に必要な能力が「抽象概念を扱う」ことだとも。

抽象能力が発揮することとは、
・物事の本質を捉える
・AとBという一見すると全く違う対象の構造の共通項、パターンを見出すこと
・何かを行う時の大きな流れやコンセプト、理念の決定
などが挙げられます。

今回は抽象能力とは何か、またアーティストにとって、
どちらの抽象能力と具象能力のどちらが必要なのかを考えてみます。


イメージ:Photo on Visualhunt.com

抽象のシンプルさ

物事の本質というのは、
「そのものの根本」という意味であるが故に
ゴチャゴチャしていません。

木の一番大きな幹はシンプルで太いものです。
そこから枝や葉の細部が広がっているのです。
それが逆になると木の構造は成立しません。

高松宮殿下記念世界文化賞という
世界的に活躍する芸術家に送られる賞があります。

その彫刻部門をみるとカロ、カプーア、ペノーネ、
セラ、ブルジョア、ロング、クラッグ、ライプなど
歴戦たる彫刻家が名を連ねていますが、
彼らの作品は研ぎ澄まされた洗練さを感じます。
またゴームリーやヴァンジ、サン・ファール、
シーガルのような具象的な作品も
無駄なものを極力落として
デフォルメされている印象を受けます。

ある武道家が言います。
「技をくり出すときの動きは、
ただ立ち、ただ座る動作のような
また、日常顔を洗う仕草、箸を持つ仕草」
と同じことなのだと。
そこには、毎日使うことによって、
洗練された動きが宿っているのだと。

構造の共通項、パターン

物事や社会を観るときに大切なのは
対象の構造であると考えます。

論語の中に「一を知り、十を知る」という
有名な言葉があります。
これは構造の本質を観ることによって、
一見違う対象が持つ共通項を
スライドさせることができる能力です。

卑近な例になりますが、
カレーと肉じゃがの構造は同じです。
肉、ジャガイモ、ニンジン、
玉ねぎなどを炒めて、煮る。
後は最後にカレールウを入れるか
出汁、醤油、酒などの和調味料を入れるかだけの違いです。

わかりやすい表面の具象部分しかみていないと
カレーと肉じゃがは全然違う料理に見えますが
先のように本質は同じということになります。

他の世界をを眺めてみましょう。

経済界だとヤマト運輸のサービスは、
吉野家のビジネス構造をスライドさせたものであり、
また芸能界では紳助竜介はB&Bの漫才構造を
スライドさせたものだといいます。

多くの解釈の発生

富士山が描かれている絵を観ます。
鑑賞者の人生観や生い立ちによって、
その霊山からいろいろな想いや感情を彷彿とさせます。
しかし、富士山は富士山であり、
富士山がパイの実に見えることは難しいです。
それにそのようには見たくはありません。

歴史に残っている作品は、
さまざまな解釈を発生させる装置が備わっています。

ダヴィンチのモナリザやゴッホ、ムンク、モネなどの
作品は具象的だと思われますが、
しかし、そこには謎めく雰囲気が漂っており、
時代を経ることに鑑賞者の解釈を変更させる魅力があります。

また、過去の偉人が言ったとされる言葉も
極めて抽象的な言葉が多用されています。

ゲーテは死ぬ間際に「もっと光を!」と言ったそうです。
これが「シュテファンさんが今朝やって来て、
今年出来たばかりの葡萄酒と丸パンを貰ったんや。
めちゃ美味かったで!」
という言葉は残っていないでしょうし、
残っていてもそれ以上の解釈の予知はほとんどないので
広まることはないでしょう。

抽象と具象のバランス

ここまで抽象能力についてみてきました。

世の中には、抽象能力を持つ人と
具象能力を持つ人がいるようです。
その割合はおおよそ1:9だといいます。

具象能力が強い人は、抽象能力を持つ人が
見えている風景をほとんど観ることができません。
話がかみ合わない理由の1つはこの辺にあるようです。

また抽象化能力は、最初の創造的な思考や
大きな方向性、理念を決めるのに大切な要素であり
具象概念は、それを実務に落とし込み、
実現する能力でもあります。

そのように考えると組織や会社を運営する上で、
抽象と具象のどちらが欠けてもよくなく、
肝心なのはそのバランス感覚なのでしょう。

アーティストも作品の閃きや構想を練るのに
必要不可欠な抽象概念と
それを実現させていく具象化能力の
両輪が大切になってきます。

例えば、類まれな超抽象化能力だけを
持っているアーティストの人ならば
それを作品として具現するアシスタントや
職人さんが必要になってきますし、
作品を販売していくのであれば、
広告宣伝、販売、料金の回収をやってくれる
ギャラリーが必要になってくるのです。

新しい概念を生み出すアーティストと
それを具現化して世に広めていく
実務家とのパートナーシップが大切になってくるのです。

関連記事:
周囲の人たちと話がかみ合わないのは
見えている世界が違うからではないでしょうか。

アーティストもセルフブランディングをする時代になっています。
それでも、自分1人でできることは有限ですので、
信頼できる他者との協力も必要になると考えます。

参考文献:
抽象化能力を持つ人と具象化能力を
持つ人の相違点や話がかみ合わない理由。
またそれぞれが見えている対象はどのようなものなのか?
「なんで自分のことを周囲は分かってくれないんだろう?」
というアーティストや起業家、また組織の中で
浮いていると感じているあなたへの良書です。
読んだ後に、その悩みは大きく緩和されていることでしょう。

上の「具体と抽象」の関連シリーズです。
日本人をキリギリスとアリさんに大きく分けて
それぞれがどのような能力を持つかのを描いています。
マジックミラーに挟まれた2次元で住むアリさんと
彼らが住む空間も含めて3次元に往来ができる
キリギリスの話はまさに目から鱗です。

彫刻の一覧ページへ
TAG index
ドローイングの一覧ページへ
TAG index
MOVIE
Instagram
- Instagramもやっています -