グループ展【ランコントル(出会い)ヴィスマール:ベルリン】

【動画】2020年12月に東京のMARUEIDO JAPANで開催された個展「A Part for the Whole」会場風景です。

彫刻家の大黒貴之(@Gross_Schwarz)です。

2017年11月17日~12月12日まで、
ドイツのハンザ都市、ヴィスマールで
グループ展に参加いたします。

セミヨン・コンテンポラリーのオーナー、
H.N.セミヨンによるキュレーションで、
同市のギャラリー・クリスティーネ・ハーマンとの共同展です。

ぼくの作品は、今年から手掛けている
「フォールド・ドローイング・シリーズ」が出品されます。

ヴィスマールには、一度訪れたことがあります。
第二次世界大戦時は、戦火を免れ、
今にもハンザ都市の面影が残る
大変美しい街並みを観ることができます。
また街自体がUNESCO世界遺産に登録されている歴史地区でもあります。

遠く離れたドイツのその街で
ぼくの作品を紹介してくださること。

光栄、嬉しさ、感謝の感が交差しています。

Rencentre -Wismar : Berlin-
gallery Kristine Hamann : Semjon Contemporary
2017年11月17日~12月12日

GALERIE KRISTINE HAMANN(ギャラリー・クリスティーネ・ハーマン)
Christian Henkel, Sebastian Menzke, Sophie Plet,
Thomas Riess, Jakob Roepke, Kirk Sora

SEMJON CONTEMPORARY(セミヨン・コンテンポラリー)
Colin Ardley, Takayuki Daikoku, Ute Essig, Renate Hampke,
Susanne Knaack, Harald Kohlmetz, Dittmar Krüger, Henrik U. Müller, Thomas Prochnow


GALERIE KRISTINE HAMANN(ギャラリー・クリスティーネ・ハーマン)
http://www.kristine-hamann.de/ausstellungsarchiv/rencentre-wismar-berlin

YouTubeチャンネルの登録をお願いします!
オンラインで展覧会や作品制作現場の臨場感をよりお伝えすべく動画配信に注力中です。こちらからチャンネル登録いただけますと幸いです。

【動画】個展「A Part for the Whole」の会場風景その2。MARUEIDO JAPAN・東京・2020年
【再編集版】自己紹介にもなる動画です。ドイツと日本で行ってきた制作風景や展覧会などの映像です。