TAKAYUKI DAIKOKU 人生はアートという名の想像力

ベルリンのコマーシャルギャラリーと日本の貸画廊で展覧会をしてわかったこと

彫刻家の大黒貴之(@Gross_Schwarz)です。

今回は、ぼくが今までドイツや日本で見聞してきた中から
コマーシャルギャラリーと貸画廊は何が違うのかを書きますよ。

コマーシャルギャラリーと貸画廊

貸画廊とコマーシャルギャラリーは根本的な違いがある

日本のアートギャラリーは9割くらいが貸画廊だと言われています。

貸画廊というのは、作家や展覧会をしたい人が
日数によって決められた場所の賃料を支払って作品を展示する画廊のことです。

日本の多くの貸画廊では1週間(実質6日間)のスケジュールで展覧会が組まれています。
貸画廊の中には、企画展をするところもあり、
その場合は賃料は発生しませんし、案内状も作成してくれます。

ところで、六本木の国立新美術館をご存知ですか?
ぼくも訪れたことがあるのですが、とても立派な建築です。

この美術館は英語表記するとナショナル・アート・センターとなります。

「あれっ?」そこにはミュージアムという言葉が入っていませんよね。
また美術館という名前がつけられているにも関わらず作品のコレクションがないのです。

何を言いたいのかというと、この美術館は大きな貸スペースになっているのです。
誰が借りるのかというと日展や二科展などの団体です。

国立新美術館という名が付き立派な建築物でもあるにもかかわらず
世界基準を満たした美術館としては機能していないという
なんとも摩訶不思議な建物になってしまっているのです。
<参考文献:現代美術コレクター(講談社現代新書)高橋龍太郎著>

ぼくはベルリンのギャラリーなどでグループ展に参加をしたり個展を開催してきました。
展覧会の期間は、4~5週間というのが通常です。
(余談ですがブランデンブルク州にあるリベック宮殿の二人展では6週間、
同州ヴァーゲニッツ村の野外彫刻展では6か月のスパンで展覧会を開催しました)

ギャラリーの開催期間はベルリンの他のコマーシャルギャラリーを見ていてもおおよそ同じです。
日本でもインターナショナルに動いているコマーシャルギャラリーの展覧会情報を
見るとやはり4~5週間というところが多いようです。

なぜ同じ展覧会を実施してこれほどの違いがあるのでしょうか。

それはそれぞれの経営の在り方が根本的に違うからです。

貸画廊は基本的に場所を作家に貸し出して収益をあげています。
一方、コマーシャルギャラリーは作品を売ることによって収益を上げています。

ぼくが所属しているベルリンのセミヨン・コンテポラリーも後者のギャラリーになります。
ドイツでは日本とは逆にギャラリーといえばほとんどがコマーシャルギャラリーのことです。
(ごく稀にベルリンでも貸画廊があると聞きます)

日本において貸画廊が果たした役目は大きかった

一方、日本の現代アートの領域において貸画廊は大きな役割を果たしたことも事実なのです。

もともと日本の近現代美術は団体展というグループの結成がスタートとなっています。
日展がその起点にあり、そこから二科展、行動展などへと分岐していきました。

大きな団体をつくることで、作家同士(師匠と弟子)が情報交換したり、
制作のモチベーションを保てることができたり
年に何度かの展覧会が実施され作品の発表の場が持てること等が挙げられます。
そして、それらの団体展は社会的にも認知度が高いため、
作品や活動への関心にもつながりやすいとも言えます。

戦後、欧米から現代アートという概念が日本に入ってきます。
また50年~60年代頃から先の団体から飛び出して
一匹狼として活動していく作家たちが増えました。

その作家たちの作品発表の場として貸画廊は大きく貢献していくことになります。

お金を払って場所を借り、そのスペースを好きに使っても良いということから
それまでの団体展では表現できなかった様々な作品が登場しました。
台座を必要としない彫刻、インスタレーションなどがその例です。
また団体展から飛び出した作家たちの貴重な情報交換の場でもあったといいます。

当時はまだ現代アートをする作家も少なかったので
オーナーは場所を借りる作家を探すのに苦労したとも聞きます。
貸画廊での活動からコマーシャルギャラリーや美術館の展覧会に
つながっていくというのが1つの道筋でもあったようです。

ですので、戦後日本美術界の作家にとっては
大きなパートナーとして貸画廊の存在があったわけです。

今でも貸画廊としてだけではなく企画展として
展覧会を実施なさっているオーナーもおられます。

ドイツも含めて世界的な基準で見ると
アートギャラリーといえばコマーシャルギャラリーのことです。

そのギャラリーは展覧会を企画し、作品を販売することによって運営しているわけです。

以前、ぼくのギャラリストであるセミヨンさんに
「なぜ4~5週間の展覧会を実施するのか」と聴いたことがあります。

彼は「最低4週間なければ、十分に作家や作品の広報販売ができないからだ。
できれば6週間の期間がいい」と。

確かにそれくらいの期間がなければ
買う人にとってその作品がいいのかどうか分からないでしょう。

自分が飾りたい空間にその作品は合っているのか、
本当に購入したいのかなどを考える時間にもなります。
それにギャラリストが展覧会の広報して
その人たちが足を運ぶスケジュールも組みやすくなります。

現代社会で生活する人は忙しいので1週間の展示では
来場者も予定を組むの難しい現状です。
大阪では、日曜日が休みという画廊も珍しくはありません。

一方で東京を中心にインターナショナルな流れになってきているのも確かです。

日本には素晴らしい作家がいて、作品も生み出されています。

あとは現代アートの環境、
つまり土俵を世界基準と同じに整えていく必要があるのではないでしょうか。

Alles Gute! (アレス・グーテ!)

ドローイング
メイキング “Cosmos”
renmen アンサンブル
ドイツでの展示風景
ドイツ時代のアトリエ
彫刻の一覧ページへ
TAG index
ドローイングの一覧ページへ
TAG index
Instagram
フォロー頂ければ嬉しいです!