ピックアップシリーズ 彫刻編① 芸大時代に制作した5つの代表作 

      2017/01/12

彫刻家の大黒貴之です。

彫刻作品も少しずつ紹介していきます。

大学時代は、絵画専攻で入学したのですが、
当時のカリキュラムで1~2回生の間は
彫刻~絵画、版画までの制作を幅広く体験することができました。

その中から自分に一番合っているなと感じたものが彫刻でした。
彫刻といっても、塑像など粘土で人体をつくるアカデミックな彫刻ではなく
自分に合った素材やテーマを研究して制作する彫刻です。

滋賀県では、田んぼや琵琶湖、山に川という環境でよく遊んでいたため
自然の素材を使いたいという欲求に駆られていたようです。

初期作には、荒縄が主に使われています。

彫刻作品1999~2000まで

巻 1998 "Coil 1998"大学3回生の時に制作した彫刻作品。

巻 1998 "Coil 1998"
1998
H280×W120×D120cm
木・荒縄

 

巻1999 "Coil1999"学部の卒業制作展に出品した「巻1999」

巻1999 "Coil1999"
1999
H350×W300×D270(cm)
木・荒縄

巻1999(野外) "Coil1999(draußen)"卒業展に出品した作品「巻1999」を大学の裏山に運んで展示した時の風景です。

巻1999(野外)/Coil1999(outdoor)
1999
H250×W200×D200(cm)
木・荒縄

礎 "Foundation"大学の芸術計画学科が主催した「Interlink~介在する行為~」
大阪ビジネスパーク内にあるクリスタルタワーの入り口ロビーに展示しました。
印象深くとても良い展覧会でした。

礎 / Foundation
1999
H180×W90×D130(cm)
木・荒縄

礎 No.2 "Foundation No.2"大阪西天満の画廊で行った初個展に出品した作品。

礎 No.2 / Foundation No.2
2000
H190×W330×D120(cm)
木・荒縄・布・彩色

その時の様子を過去記事に書いていますので、よければご覧ください。
参考記事:初体験。ギャラリーで個展をするってどういうこと?大阪天満橋にて

20年前のある日、大学の先生に尋ねた1つの疑問

大学時代は、制作した後先のことなど考えずに
我武者羅に作品をつくれたのではないかと思います。

このころから現代アートという言葉がとても気になり始めていました。
ただアートはアートなんだけれども、「現代アートって何だ?」という疑問がいつもありました。

ある日、大学の先生に
「どうすれば、作品で食べていくことができるんですか?」と質問したところ、

「君がピカソのように有名になれば、それができるんだよ」という答えが返ってきました。

それはわかるんだけど、「どうすればピカソのようになれるのか?」という
ことを聞きたかったのですが、結局ウヤモヤになってしまいました。

そのことに関しても現代アートって何だ?という疑問に対しても
明確に答えてくれる人はいませんでした。

確か1999年頃だったと記憶していますが、
村上隆さんの彫刻作品「マイ・ロンサム・カウボーイ」の噂が
大学内でも流れ始めていました。

彫刻作品の紹介も引き続き進めていきますよ。

Alles Gute! (アレス・グーテ!)

©大黒貴之 All Rights Reserved.

Author by gross-schwarz

プロフィール定型文一括

ご質問・ご意見・作品資料
プロフィール
彫刻
ドローイング

Facebookページのフォローしていただければ嬉しいです!

Instagram

- Instagramもやっています -


人気記事 5選

1
アートは自由がいいのか?ルールがあるほうがいいのか?日本と世界の現代アートの環境は乖離している。

アートは自由だと言われますが、大切なことは発想や想像の自由であって、なんでも有りの自由だということではないと思います。ルールがあるからこそ面白く、また感動することがあるのです。

2
ギャラリストとアーティストは二人三脚で新しい音色をつけていく

作家とギャラリストの本当に良い関係は、近すぎず、そして遠すぎず、お互いをリスペクトし、信頼、感謝できるものでなくてはなりません。ベルリンのギャラリーと仕事をしながら想うこと。

SC-preview-04 3
ベルリンのギャラリストから学ぶことと日本の貸画廊システムについて

現代アートの世界で制作した作品を発表する場所の一つとしてギャラリーが挙げられます。しかし日本とドイツのギャラリー事情は違うようです。美術に携わる人たち以外にはあまり知られていないこの事情を書いてみたいと思います。

renmen Ensemble (outdoor), 2015, Variable ,Mixed Media  (Land Art Schlosspark Wagenitz) Photo : Takayuki Daikoku 4
「圧倒的な異質性」が現代アートの一つのキーポイントになる

現代アートは、対象物をうまく描けるとか具現化できるかというところで勝負をしているのではなく、キーワードの一つに「圧倒的な異質性」を押し出すことができるかどうかが一つの勝負所ではないかと考えています。

ギャラリスト 5
現代アートにおいての重要な職業ギャラリスト。ーベルリンのギャラリストとの交流からー

現代アートのギャラリストとはどのような仕事をするのでしょうか。ベルリンのギャラリスト、H.N.セミヨンさんとの交流から垣間見たぼくの一場面です。

 - 彫刻