【ご報告】 大黒貴之のカタログが出版されましたよ

      2016/11/15

ドイツで制作してきた作品の記録が一冊にまとまりました

medium56
彫刻家の大黒貴之です。

ドイツにやってきて5年以上が経ちました。

2011年4月に渡独してから、嫌なこと、悔しいこと、
感動すること、人の情に涙すること・・・
本当にいろんなことがありました。
しかし、困った時にはいつも誰が助けてくれました。
お陰様で、立ちはだかる壁を一つずつ乗り越えてこれたように思います。

所属しているセミヨン・コンテンポラリーのギャラリスト、
セミヨンさんから多くのアドバイスと協力の下、ベルリンや
ブランデンブルク州、メクレンブルク・フォアポンメルン州などで
グループ展、二人展、アートフェアなどに参加、
そして4回の個展を開催させていただけることができました。

このカタログには、主に2011年から16年まで、
ドイツで制作してきた彫刻、ドローイング、ペインティング、
野外彫刻、インスタレーションの作品が収録されています。

また、セミヨンさんによる評論を日独英語で掲載しています。

2002年、ベルリンで彼と出会ってから、14年が経ちます。

一度日本に帰ってから、数年後に再び渡独をし、
今度は、ギャラリストと作家として
一緒に仕事ができたことや共有できた時間は、
ぼくととってかけがえのない貴重な時間でした。
また、彼から学んだことは、本当にたくさんありました。
このカタログは、その彼との合作と言っても過言ではありません。

カタログ アートと自然の融合

作品ができたときは、「あっ、また一つできたな」 という心境でしょうか。

大きな作品をつくるときには、必死になっているので、
むしろ、「完成してよかったなぁ」という気持ちのほうが強いのかもしれません。

しかし、このように数年分の作品を一冊にまとめて
振り返ってみると、作品の流れがわかります。

新作の作品にしても、過去のある時点で、
すでにその前兆となる作品が生まれているのが伺えますし、
自分の世界というものが浮き上がってきているようにも感じます。

このようなカタログや第三者の言葉というテキストが、後々、記録として残っていくのでしょう。

ドイツにも、作家としての足跡を残すことができ本当に嬉しく感じています。

             ・・・

DIE HOCHZEIT VON KUNST UND NATUR /アートと自然の融合
2016
20 x 25.5 cm
ソフトカバー
80頁
カラー
エディション
500部
ISBN-No. 978–3–9816830–3–5
発行者 H.N.Semjon / Semjon Contemporary

カタログ アートと自然の融合

Author by gross-schwarz

Instagram

- Instagramもやっています -


人気記事 5選

1
【彫刻家のアトリエ】彫刻家は自分の世界を見せることができる仕事場を持とう!

芸術家が仕事場(アトリエ)を持つことは非常に重要です。芸術家は制作することが仕事です。みっちり作品がつくれる空間を確保し、実物の作品をみてもらえること。ぼくがドイツで経験し痛感していることです。

2
あなたは何者?芸術家になるなら揺るぎない自分の肩書きを持とう!

日本にはニューヨーク市が発行しているプロの芸術家証明書というものがありません。つまり芸術家の定義がないようです。どのような人が芸術家になっていくのでしょうか。

3
【縁起の間】白梅・彫刻・石楠花

庭に咲く白梅を眺めながらの所感を記録。その物事が本当に良いかどうかがわかるまでには長い時間がかかるのでしょう。白梅と彫刻と石楠花のこと。

4
目に見えるものと目に見えないもの。大切なものほど目に見えない

目に見えるものは分かりやすく、目に見えないものはわかりにくい。最近ぼくが聞いたとても感慨深い話です。

5
【しなやかに生きる】勝ちを急ぐときほど勝ちが遠のく-赤ちょうちんの大将のこと-

「勝ちを急ぐときほど、勝ちが遠のく」と最近聞く機会がありました。20代の頃、よく飲みにつれて行ってもらった京都三条の大衆居酒屋。その赤ちょうちんの大将の記憶と彼の言葉を思い出すことがしばしばあります。

 - , 展覧会, お知らせ