芸術家、アマとプロは何が違う?ニューヨークにはプロの定義があるよ

      2018/02/05

彫刻家の大黒貴之(@Gross_Schwarz)です。

「ニューヨーク―芸術家と共存する街」という本をご存知ですか?

1999年に出版されたニューヨークでの芸術家と
彼らを取り巻く社会環境のことが主に書かれている本で
ある人に紹介してもらって読んでみました。

具体的かつ、聡明に書かれているので、とてもわかりやすい本です。

ニューヨークにはプロの芸術家の定義がある?

ニューヨークの芸術家01
「プロの芸術家」とは、一体どういう人のことなのでしょうか。

日本では、芸術家のプロとアマの境界線が、曖昧すぎます。

だから誰でもアーティストやなんでもアートになってしまいます。

ところが、この本を読んで衝撃を受けたのは ニューヨークでは、
「プロの芸術家」という定義をちゃんと設けているということ。

そして、作品を売って食べている人だけが
プロの芸術家という認識ではないのだということです。

正直、ぼくも作品だけで食べている人がプロだと思っていました。

制作活動だけで生活をしていくことは多くの作家が望むことでしょう。

しかし、実はそれだけが「プロの芸術家」では無いという
ニューヨークの社会的な考え方に驚きを隠せませんでした。

プロの芸術家としての証明書

ニューヨークの芸術家02未國「BONSAI 2012 Berlin」Photo:Takayuki Daikoku (本文のイメージ写真です)

ニューヨークでは、ニューヨーク市文化局という機関があって、
そこがプロの芸術家としての証明書を発行しているという。

では、具体的にどのような人がプロの芸術家と認知されるのかというと

(以下抜粋)

1.商業的芸術ではなく、純粋芸術 
ーすなわち絵画、彫刻、振付、映像、作曲等 その他を含むものー 
の創作を不断に進行させている個人。

2.自己の表現形態に真剣かつ不断に傾倒してきたことを証明できる個人。

3.現時点でも、その表現形態に専心、従事している個人。
ここいう、「専門の職業(プロフェッショナル)」とは、
その者が生涯その表現形態に従事するという
その専心そのものを意味するのであって
その創造行為や努力が金銭的にどれくらいの報酬を
もたらすかという額高の問題ではない。

また、プロの芸術家として制作してきた作品の集積が
5年の歳月に及んでない者、および学生、
商業に従事するアーティスト(デザイナーなど)、
趣味の芸術家、芸術制作作品が第一の職業というのでない人などは、
証明書の申請資格はない。

(抜粋終わり)

その他にも、たくさんの参考にするべき内容があるのですが、
ここでは割愛させていただきます。

芸術家と社会との接点とは

ニューヨークの芸術家03
芸術家と社会との接点を考えるとき、
彼女/彼らの社会的な環境を整えていくことはますます大事になります。

作家は作品創りに集中できることが一番いいのですが、
このような環境が整っていない以上、
作家と社会、作品と社会 とが結びつくことは難しいのはないでしょうか。

芸術が社会の日常的なものになること。

芸術家と社会がもっと結びついていくようになること。

そのようなことを浸透させていかないと、
どれだけ素晴らしい作家や作品、 素晴らしい美術館ができても、
その素晴らしさは半減するのではないかと危惧します。

日本でも少しずつ浸透しつつある?

日本でも、少しずつ特に首都圏以外の地で
社会と芸術を結び付けていく活動がでてきているようです。

しかし、ほとんどが民間レベルに委ねられており、
資金繰りでも困難になっているようです。
それゆえに継続が難しい現状です。

多大な時間がかかることは予測できますが、
芸術をもっと社会に浸透させていく活動を
つまり芸術、美術では特に現代アートのインフラを
整えていく必要が日本にはあります。

「ニューヨーク―芸術家と共存する街」
もう古い情報になっているかもしれませんが、
一読する価値は十分にあると思いますよ。

(2009年5月14日「ニューヨークの芸術家と社会環境」を加筆添削した文章です)

・・・・

「ブログを読んで共感したよ。
大黒を応援してもいいよ」という方は
Amazonでお買い物をする際に、
こちらからご購入いただければ幸いに存じます。
手数料を制作活動費などの一部にさせていただきます。

Author by gross-schwarz

プロフィール定型文一括

ご質問・ご意見・作品資料
プロフィール
彫刻
ドローイング

Facebookページのフォローしていただければ嬉しいです!

Instagram

- Instagramもやっています -


人気記事 5選

1
アートは自由がいいのか?ルールがあるほうがいいのか?日本と世界の現代アートの環境は乖離している。

アートは自由だと言われますが、大切なことは発想や想像の自由であって、なんでも有りの自由だということではないと思います。ルールがあるからこそ面白く、また感動することがあるのです。

2
ギャラリストとアーティストは二人三脚で新しい音色をつけていく

作家とギャラリストの本当に良い関係は、近すぎず、そして遠すぎず、お互いをリスペクトし、信頼、感謝できるものでなくてはなりません。ベルリンのギャラリーと仕事をしながら想うこと。

SC-preview-04 3
ベルリンのギャラリストから学ぶことと日本の貸画廊システムについて

現代アートの世界で制作した作品を発表する場所の一つとしてギャラリーが挙げられます。しかし日本とドイツのギャラリー事情は違うようです。美術に携わる人たち以外にはあまり知られていないこの事情を書いてみたいと思います。

renmen Ensemble (outdoor), 2015, Variable ,Mixed Media  (Land Art Schlosspark Wagenitz) Photo : Takayuki Daikoku 4
「圧倒的な異質性」が現代アートの一つのキーポイントになる

現代アートは、対象物をうまく描けるとか具現化できるかというところで勝負をしているのではなく、キーワードの一つに「圧倒的な異質性」を押し出すことができるかどうかが一つの勝負所ではないかと考えています。

ギャラリスト 5
現代アートにおいての重要な職業ギャラリスト。ーベルリンのギャラリストとの交流からー

現代アートのギャラリストとはどのような仕事をするのでしょうか。ベルリンのギャラリスト、H.N.セミヨンさんとの交流から垣間見たぼくの一場面です。

 - 現代アート, アートのお話