TAKAYUKI DAIKOKU 人生はアートという名の想像力

ドイツ、ターゲスシュピーゲル新聞にベルリンでの個展記事が掲載されました

彫刻家の大黒貴之(@Gross_Schwarz)です。

2013年のSemjon Contemporaryでの個展において掲載された
ドイツ日刊紙ターゲスシュピーゲルの記事の日本語訳ができました。

ターゲスシュピーゲル新聞 大黒貴之個展記事

記事 ドイツ語原文 ”Zimmergarten”

Der Tagesspiegel
Zimmergarten
10.08.2013
Takayuki Daikoku bei Semjon Contemporary.

Blumen zur Premiere!

Takayuki Daikoku hat fragile Gestecke neben seinen Skulpturen arrangiert.
Für den japanischen Künstler ist es die erste Einzelausstellung
in der Galerie Semjon Contemporary,
und wie zum Dank komponiert er für den Ort ein spezifisches Gesamtkunstwerk
– mit Objekten, Rahmen, Blüten, algenartigen Pflanzen und Früchten.
Bloß dass alles aus dem rohen Werkstoff Holz besteht.

Die Stämme und kräftigen Äste zerlegt der 1975 Geborene in eigenwillige,
wiederkehrende Grundformen, die häufig an surrealistische Objekte erinnern.
Japanisches Papier und eine bräunliche Beize vervollständigen die einfachen Mittel,
mit deren Hilfe Daikoku ein ebenso seltsames wie anziehendes Interieur entstehen lässt:
einen Zwitter aus Zimmer, Garten, Setzkasten und abstrakter Skulptur.

Ausgewählte Zeichnungen begleiten die Installation und lassen erkennen,
dass hier nichts dem Zufall überlassen wurde.
Im Gegenteil basiert der fragile, temporäre Eindruck der Kunst exakt auf präziser Vorbereitung.

Für den Künstler gehört das Nachdenken
über die ambivalenten Qualitäten der Skulptur unbedingt dazu.
Wie sie den Raum erobert, welches Volumen sich entwickeln lässt
und wie weit sie theoretisch wachsen könnte,
ohne umzufallen. Hier erweist Daikoku
der „Unendlichen Säule“ von Brancusi seine Referenz.

Der Ausstellungstitel „Renmen – ununterbrochen“ weist
in die ähnliche Richtung und thematisiert das Werden und Vergehen.

cmx http://www.tagesspiegel.de/zimmergarten/8620032.html

記事 日本語訳 「 室 内 園 」

ターゲスシュピーゲル
室 内 園
2013年8月10日
ギャラリー “セミヨン コンテンポラリー” の大黒貴之展

オープニングに花を! 

大黒貴之は自作の彫刻の横に華奢な挿花を置いている。
この日本人作家にとって、ギャラリー セミヨンコンテンポラリーでの個展は初めてのものであり、
あたかもそれに感謝の意を示すかのように、
彼は、オブジェ、枠、花、海藻のような植物、果実、など、
独特で包括的な作品の構成をしている。
ただし、これらは総て自然の素材である木で作られているのである。

1975年(原文のまま)生まれのこの作家は、
幹や太い枝をシュールレアリズムのオブジェを思わせるような、
個性的で繰り返し現れる原型に切り分けている。

和紙と茶色味を帯びた着色液で簡単な素材を作品に仕上げるのだが、
これによって大黒は、奇妙な、そして同時に人を惹き付ける室内空間をつくり上げている。

部屋と庭と若木箱と抽象的彫刻の混合とでも云おうか。
選ばれたドローイングがインスタレーションと共に展示されていて、
ここでは決して偶然に任せるようなことはしていないことが分かる。

それとは反対に、作品の与える脆く仮初めだという印象は、綿密な準備によって作られたのである。

この作家には、彫刻のアンビバレントな性質についての熟考がどうしても避けられないのだ。
彫刻が倒れることなく、どのように空間を占めるか、どれくらいの量感になるのか、
理論的にはどこまで広げられるか、等々。ここで大黒は、ブランクーシの作品
「無限柱」への高い評価を示している。展覧会のタイトル “連綿 – 途切れることなく” 
は同じ方向を示しており、生成と消滅をテーマとしているのである。

cmx(著者Christiane Meixnerのイニシアル)

翻訳 藤江ヴィンター公子

翻訳に尽力下さった藤江さん、本当にありがとうございました!!

TD_SC-2013-gesamt-2 展覧会風景 
セミヨン・コンテンポラリー
2013年7月
Ausstellungsansicht bei Semjon Contemporary im Juli 2013
Foto:Jürgen Baumann

彫刻の一覧ページへ
TAG index
ドローイングの一覧ページへ
TAG index
MOVIE
Instagram
- Instagramもやっています -